新政権への花束アクション「Yes 25%, Go for 30%」

イベント開催日

2009-09-10

MAKE the RULE緊急アクションで
岡田幹事長らが「25%削減」の実現を改めて強調!

9月10日、衆議院第一議員会館にて緊急アクション「YES 25%, Go for 30%」を開催しました。7日に民主党鳩山代表が新政権を担うにあたって、温暖化対策で中期目標を「25%削減」へと強化することを表明されています。中期目標30%削減をかかげるMAKE the RULEキャンペーンは、これに対して歓迎の意を表し、30本のバラの花束を贈りました。マニフェストでも示されたキャップ&トレード型の排出量取引制度、地球温暖化対策税の導入、再生可能エネルギーの全量買い取り制度を実現していただきたいことという要望書を鳩山代表へと託しました。

>>要望書はこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

会場には、民主党幹事長岡田克也議員のほか、参議院の福山哲郎議員、岡崎トミ子議員のほか、社民党福島みずほ党首も急遽時間来てくださいました。

岡田幹事長 「25%削減を発表して経済界の反発も大きい。しかし、今のままでは人類が生存不可能になるという状況のなかで、大幅削減を前提にした対応が迫れれている。発想を180度切り替えて欲しいと訴えているところだ。6月に麻生首相の恥ずかしい発言があったが、それを白紙に戻してやりなおしたい。MAKE the RULEの皆さんには応援していただきありがたい。たくさんの署名にも感謝している。国民の理解をいただくための努力をしていかなければならないところ、今後も皆さんとともに頑張っていきたい。」

福山議員 「日本のリーダーの温暖化に対する発言で、鳩山氏の25%削減明言ほど、世界各国から賞賛・評価をいただき、しかしながら波紋も広がった発言は、初めてだと思う。これが、政権交代の重みだと思う。ぜひ国民の皆様に、この25%削減の政策を応援していただきたい。」

福島議員 「昨日、三党で連立の合意の調印式を行った。この中で、地球温暖化対策推進を、連立政権の合意のなかに盛り込んだ。新たな社会への転換を図っていきたい。せっかく政権交代をし、社民党も連立政権に入るので、今までの自公政権ではできなかったことを、市民の皆様と着実に実現していきたい。」

岡崎議員 「目標を示すことができたので、今度は国民の皆さんの中に入って、経済界のなかに入って、一つ一つ理解を得るための努力をしていきたい。これまでMAKE the RULEキャンペーンの皆さんが、私たちの後ろをだいぶ支えてくれた。これからも手を携えて頑張っていきたい。」

との力強いコメントをそれぞれいただきました。

新政権の温暖化対策の推進に多いに期待したいと思います。

シロベエとともに岡田幹事長、勝利のVサイン!
シロベエとWWFのパンダとともに福山哲郎議員
社民党の福島党首もかけつけてくださいました
温暖化対策を積極的にしたいと力強く語る岡崎トミ子議員
議員会館前にて「YES 25%」をアピール
シロベエとWWFジャイアントパンダと議員全員でMAKE the RULE!
かけつけたメンバーでMAKE the RULE!

この記事へのトラックバックURL

http://www.maketherule.jp/dr5/trackback/988