311震災後の地域社会をエネルギー・温暖化対策の視点でデザインする

イベント開催日: 
2011-05-28
開催場所: 
ビジョンセンター 秋葉原 ホールA・B    千代田区 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□■□ 気候ネットワーク総会記念シン ポジウム □■□
□■□MAKE the RULEキャンペーン実行委員会企画□■□

「311震災後の地域社会をエネルギー・温暖化対策の視点でデザインする」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 東日本大震災によって多くの命が奪われ、さらに原子力発電所の事故も重なり、被災者の方たちや原発近隣で酪農業や漁業を営む方たちが苦悩にさいなまれている状況が続いています。そしてまた、直接被害にあわれていない人も、この機会に原子力発電のあり方を見直し、自らのエネルギーの使い方や節電対策、そして新しいエネルギー政策を問い直すことの重要性について考える機会がふえていると思います。
 気候ネットワークでは、地球温暖化防止 の観点から、原子力発電に頼らずに持続可能な低炭素社会を構築することは可能だという政策提言を行い、また2年半にわたるMAKE the RULEキャンペーンを通じて「新しいルール」づくりを求めてきました。MAKE the RULEキャンペーンが政治的情勢をふまえて3月 末で一区切りをつけましたが、地球温暖化防止の視点で国内政策をつくり、地域社会を低炭素社会型に切り替えていく必要性はいまも全くかわっていませんし、大胆な発想の転換とエネルギー政策の見直しが今こそなされるべきです。
 本シンポジウムでは、311の震災も踏まえて、私たち市民の立場からどんなアクションをとっていくことができるか、そしてより多くの人たちとつながりをつくって新しい社会を構築することができるか考えていきたいと思います。どなたでもご参加できますので、ぜひご参加ください。

【日時】5月28日(土)13:30~17:30
【場所】ビジョンセンター秋葉原  
    http://www.visioncenter.jp/access/ 
【主催】気候ネットワーク、MAKE the RULEキャ ンペーン実行委員会
【参加費】MAKE the RULEキャンペーン関連団体無料 (一般:1000円)
【申込】こちらのフォームからお申し込みください。
    https://ssl.form-mailer.jp/fms/67a55176148557

【プログラム】
1.基調講演 末吉竹二郎さん(国連環境計画金融イニシアティブ特別顧問)
2.MAKE the RULEキャンペーンを振り返って
  シロベエの挨拶&ビデオ
  平田仁子(MAKE the RULEキャンペーン事務局長)
3.パネルディスカッション
 パネリスト:
  浦上健司さん(NPO法人エコロジー・アーキスケープ)
  田尾政敏さん((株)アレフ環境部 開発営業マネージャー)
  高田 篤さん(宮城大学/元福島県地球温暖化防止活動推進センター)
  重栖 隆さん(わかやま環境ネットワーク)
  三枝信子さん(MAKE the RULE川崎/川崎フューチャー・ネットワーク(KF-net))
   ほか
 コーディネーター:
  浅岡美恵(気候ネットワーク代表)

【出演者プロフィール】
●末吉竹二郎さん(国連環境計画金融イニシアティブ特別顧問)
 鹿児島県出身。1967年、東京大学経済学部卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。
94年にニューヨーク支店長、取締役。96年に東京三菱銀行信託会社(NY)頭取。98年に日興アセットマネジメント副社長に就任。2002年に退任後、2003年に国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)特別顧問に就任。 2003年10月UNEP FI東京会議を招致、「東京宣言」の発表に尽力。
現在、TV番組のレギュラーコメンテーターとして活躍する一方、環境問題やサステナビリティ・CSR分野において、講演や執筆活動を精力的に行っている。
福田、麻生内閣「地球温暖化問題に関する懇談会」のメンバー。
東京大学大学院非常勤講師
<著書>
『ビジネスに役立つ!末吉竹二郎の地球温暖化講義』(2009年)(東洋経済新聞社)
『グリーン・ニューディール Perfect Review パーフェクトレビュー』(2009年)(著・編)(環境新聞社)
『有害連鎖』(2007年)(著)(幻冬舎)
『カーボンリスク―CO2・地球温暖化で世界のビジネス・ルールが変わる』(2006年)(共著)(北星堂書店)

●平田仁子(MAKE the RULEキャンペーン事務局長/気候ネットワーク 東京事務所所長)
 熊本県生まれ。大学卒業後、出版社勤務、米国NGOでの活動を経て、98年より気候ネットワークに参加。NGOの立場から、地球温暖化に関する国際交渉や国内政策の研究や情報提供、政策提言などに取り組んでいる。08年からはMAKE the RULEキャンペーンを立ち上げ、事務局長を務めてきた。東京都環境審議会委員。【著書】『新版 よくわかる地球温暖化問題』気候ネットワーク編・中央法規出版・2009年(共著)、ほか

●浦上健司さん(NPO法人エコロジー・アーキスケープ副事務局長)
 日本大学生物資源科学部研究員。農山村地域の振興、主に自然エネルギーの活用による、環境と地域経済の両立に向けたシステムづくりに関する調査研究や支援業務を手がけている。2008~10年度は「低炭素社会の理想都市実現に向けた研究(環境省事業)」に参加し、住民参加型で都市近郊における温暖化のみならず、人口減少等も踏まえた複合的課題に対応できる街やライフスタイルのあり方を検討した。
<参考>
エコロジー・アーキスケープ
http://www.ecology-archiscape.org/index.html
日本大学生物資源科学部 建築・地域共生デザイン研究室 
http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~areds/

●田尾政敏さん((株)アレフ環境部 開発営業マネージャー)
 1950年生れ、北海道北見市出身。都内の私立大学を中途退学の後、営業職を中心に数社を転職し、1986年に現アレフの前身である、カウベルカンパニー入社。20年近く同社のレストラン事業「びっくりドンキー」のフランチャイズ展開の業務に携わり、5年程前から、環境関連の業務に関わる。3年前の環境事業部発足と同時に現職に就き営業とCSRを担う。
<参考>
株式会社アレフ
http://www.aleph-inc.co.jp/

●高田 篤さん(宮城大学/元福島県地球温暖化防止活動推進センター)
 宮城大学地域連携センター地域振興事業部 調査研究員
 1973年東京生まれ。大学進学を機に仙台へ。以後、ずっと仙台暮らし。妻1人、犬1頭。大学院在学中から宮城県内のNPO・市民活動の情報支援・資金支援システムの構築等の活動基盤整備に参画。2005年からは福島県地球温暖化防止活動推進センターにて、環境問題を中心とした調査研究、メディアと連携した広報事業、政策提言、講演等に従事。
2010年から現職。地球環境、森林環境保全、地域振興、新たな公共等をテーマとした地域連携事業を展開中。

●重栖 隆さん(わかやま環境ネットワーク)
NPOわかやま環境ネットワーク(=和歌山県地球温暖化防止活動推進センター)代表、NPO和歌山有機認証協会(=農林水産大臣登録認定機関)事務局長。地方紙編集者としてのCOP3(京都1997年)取材をきっかけに食料とエネルギーの地域自給をめざして、複数の団体を相次いで設立、市民団体だけでなく、地方公共団体や企業、農協等とも協働しながら持続性の高い地域社会づくりに注力している。著書『木の国熊野からの発信=森林交付税構想の波紋』(中公新書)ほか。

●三枝信子さん(MAKE the RULE川崎/川崎フューチャー・ネットワーク(KF-net)代表)
川崎生まれ。1995年より、タイにおけるマングローブ植林活動に継続して携わる。
その後、川崎市を拠点に、地球温暖化対策活動や水質調査、環境講座などを中心に
環境活動を行う。
2008年12月よりMAKE the RULEに参加、川崎、関東でネットワーク活動を開始。
環境カウンセラー(市民部門)、環境ファシリテーター。

●浅岡美恵(気候ネットワーク代表)
 弁護士。特定非営利活動法人気候ネットワーク代表。京都大学法学部卒業。1972年京都弁護士会登録、75年浅岡法律事務所開設。日本弁護士連合会で長く消費者問題にかかわり、2000年から日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員長。環境問題、消費者問題以外にも、司法改革の敗訴者負担でもその問題を提起。市民活動では、環境NGO「環境市民」共同代表、気候ネットワーク事務局長を経て、1998年6月から気候ネットワーク代表。
産業構造審議会臨時委員、京都府総合開発審議会委員、中央環境審議会臨時委員なども務めている。MAKE the RULEキャンペーン法案委員会委員長。