地域セミナーin大阪「COP16に向けて」

イベント開催日

2010-10-30

10月30日(土)午後、大阪科学技術センターで地域セミナー「COP16に向けて」を開催しました。これは、MAKE the RULEキャンペーンが「温暖化防止 ネットワーク関西」との連携で開催したものです。コペンハーゲン会議(COP15)後も、温暖化防止に向けて国際交渉が続けられてい ますが、合意に向けて進展していない状況です。

セ ミナーには、約100名が参加し、メキシコ・カンクンで開催されるCOP16に向けてどのような状況であるかを共有し、合意に向けた展望や日本の課題等について議論を行いました。

基調講演は高村ゆかり先生(龍谷大学)で、国際交渉の経緯、COP15の結果と課題、カンクン会議の展望についてのお話が ありました。また、政府の立場から中野潤也さん(外務省気候変動交渉官)、NGOの立場から早川光俊さん(CASA)の報告がありました。

意見交換では、途上国と先進国の立場・方針の違い、再生可能エネルギーの可能性、森林対策の課題と期待、日本の交渉スタンス、地球温暖化対 策基本法など多岐にわたる議論がありました。今回のセミナーでは、国際的な動向も市民が理解・共有し、国内のルール作りと対策を推進する ことが、国際的な合意につながることが確認できました。

この記事へのトラックバックURL

http://www.maketherule.jp/dr5/trackback/1277