温暖化をとめるCOP15の成功を! MAKE the RULE グローバルアクション東京パレード

イベント開催日

2009-12-12

動画はこちら!<パレード+街頭アピール>
http://www.youtube.com/watch?v=ceW0WFu9y_I
<街頭アピール、鳩山オバマコント>
http://www.youtube.com/watch?v=eh4jUsA4FkM

12月12日(土)、コペンハーゲンで開催されているCOP15の公平で実効性のある合意を求めて、MAKE the RULEキャンペーンは、東京・渋谷でパレードと街頭アピールを実施しました。
12月とは思えないうららかな晴天に恵まれ、集合場所の代々木公園には、思い思いのコスチュームを着たり、プラカードを持って、25団体や個人約300人が集まりました。

13時半、シロクマのシロベエ実行委員長を先頭に、パレードは代々木公園から公園通りを下って、渋谷駅に向けて出発。
先頭集団は、シロベエ実行委員長が率いるシロクマ群団。スタッフが用意したシロクマ帽子とミトンをつけた赤ちゃんグマからおじさんグマまで約30頭が「温暖化をとめて!」と訴えました。続いて、低炭素社会を象徴して自転車タクシーと自転車チーム。威勢のよい和太鼓に続き、賛同した著名人の方々と、団体、個人の参加者が元気よく歩きます。渋谷駅前のスクランブル交差点にパレードがさしかかると、その場にいた数千人が一斉にパレードに注目しました。

パレードの終わりと同時に、渋谷駅ハチ公前で、街頭アピールを開始しました。進行はラジオDJのサッシャさん。事務局から、今開催されているCOP15は、人類の未来をきめる重要な会合であることを紹介し、国際電話でつないだコペンハーゲンから、現地スタッフが生情報を伝えました。そして、シロベエ実行委員長が、北極で追い詰められる仲間たちの状況と世界のリーダーたちへの期待を演説。
環境保護活動家でシンガーソングライターのアンニャ・ライトさんは、「政府や企業ではなく、自分自身を信じましょう」と力強く訴え、温暖化の歌を歌いました。
参加団体のリレーメッセージに続き、最後にオバマ大統領と鳩山首相が登場!「おたくの削減目標は低すぎるんじゃないですか?」(鳩山)、「問題は中国やインドだよ」(オバマ)。そこにシロベエが登場し、「ふたりとも世界のリーダーなんだからしっかりして!」と叫ぶと、なんと、寅さんが「その通り!」と登場し、リーダーたちを説教しました。

世界一斉アクションの日に、日本では、これからの未来を担う若者の街、渋谷の大群衆の前で、コペンハーゲンに向けたアピールを行うことができました。COP15の交渉に集まる世界のリーダーの皆さん、私たちの声をしっかり受け止めて、温暖化をとめるための実効性のある約束をしてください!

COP15特設ページに戻る
http://www.maketherule.jp/dr5/cop15/index

いよいよ出発!
いよいよ出発!
和太鼓のリズムにあわせて歩きます
和太鼓のリズムにあわせて歩きます
渋谷の街中を通り、駅前へ
踊るシロベエを先頭に、渋谷の街中をパレード
渋谷駅前に集まるひとたち
渋谷駅前に集まるひとたち
オバマ大統領、鳩山首相に寅さんとシロベエがつっこみます
オバマ大統領、鳩山首相に寅さんとシロベエがつっこみます
人でうめつくされた駅前でアピール
人でうめつくされた駅前でアピール

この記事へのトラックバックURL

http://www.maketherule.jp/dr5/trackback/1132