COP15会合で実効力のある合意を!

'World Wants a Real Deal - COP15 special page

本年12月7~18日に開催される、デンマークのコペンハーゲンで開催される国連気候変動枠組条約第15回締約国会合(COP15)は、京都議定書第一約束期間以降の世界の温室効果ガス削減の枠組みを決定するとても重要な会議です。私たち人類やすべのいのちの未来が、この交渉の合意にかかっています。そのために、日本も、自らの排出削減のためのしっかりとしたしくみづくりを行い、合意づくりへのリーダーシップをとっていくことが求められます。MAKE the RULEキャンペーンでは、この特設コーナーで、COP15会合の重要な動きや、日本でのアクションをお伝えします。


12月12日 グローバル・アクションとは

COP15コペンハーゲン会議中の12月12日は、世界各国で何百万もの人が一斉に行動するグローバル・アクションデーです。
気候変動グローバルキャンペーン“Tcktcktck”は、COP15での、公平で、野心的で、拘束力のある合意を力強く求めて活動してきました。9月21日にはパートナー団体Avaazが134カ国で2,600以上のイベントを行い、世界中の市民からリーダーたちにウェイクアップ・コールを送りました。10月24日にはパートナー団体350.orgが181カ国で5,000以上のアクションを行いました。
世界的に高まりつつあるこのムーブメントが、12月12日のグローバル・アクションにつながります。

>>グローバルアクションについての詳細はこちらをご覧下さい

12月12日は東京・京都へ集まろう!グローバルアクションデー パレード(東京、京都)

日本では、COP15会議期間中の世界同時アクションデー(12月12日)のアクションとして、東京・京都でパレードが実施されます。低炭素社会への向けたCOP15の成功へのメッセージをこめて、東京・京都へ集まり、一緒に楽しく歩きましょう!そして、温暖化をとめたい、という市民の声を、日本政府と各国政府に届けましょう!

>>東京パレード(主催:MAKE the RULEキャンペーン実行委員会)
>>京都パレード(主催:「クールな地球へ!京都アクション2009」実行委員会)

COP15イメージ 温暖化をとめるCOP15の成功を!MAKE the RULEグローバルアクションパレード2009.12.12